妊娠の基礎知識

MENU

妊娠に関する基礎知識を習得しよう!

妊娠に関する基礎的な知識を記載。

 

妊娠することに関する基礎的な知識を修得することで、不妊を改善することができます。

 

知識を習得していくと、いかに母体や男性の健康状態が大切なのがわかってきます。

 

まずは、妊娠の基礎知識を身につけよう!

 

 

妊娠の基礎知識記事一覧

 

妊娠適齢期は誰も同じ?生理が始まってから30歳代半ばで卵子の老化や、女性ホルモンなどの分泌を行う機能が低下年齢の増加と共にその機能は徐々に衰える中には、30歳で生殖機能低下が激しく「妊娠適齢期」を過ぎてしまっている人も。体力や子宮機能が低下すると、妊娠できない確率も高くなる。もし妊娠できても、本人や赤ちゃんに「危険」が伴うことが多くなる。特に体の異常がなければ妊娠適齢期は20歳で、その後徐々に妊娠...

 
 

自然妊娠で妊娠する確率ってどれぐらいか知ってます?現代の成人女性で約25%といわれています。意外と低いですね。普通に生活しているうえでは、4人に1人が妊娠できる側。4人のうち3人はどこも悪くないのに妊娠できない原因が分からないと言うこと。猫やウサギなどの自然妊娠率は、90%以上あるそう。人間にしか無い生活習慣や、ストレス・不摂生などの因子が大きく関係してるように思います。ネコやウサギにストレスが無...

 
 

女性の卵子の数と妊娠する確率は関係があるのでしょうか?女性の卵子の元となる細胞の数は決まっていて、通常増えることは無いと言われています。10歳を過ぎた頃から卵巣で卵子を作り始めます。 卵子は、左右どちらかの卵巣から約1か月に1個ずつ排卵し、 閉経を迎える50歳前後まで続きます。男性の精子は毎日作られますが、卵子は生まれた時にすでに 卵巣の中に卵子の元になる細胞を数百万個持っているだけで、 新たな卵...

 
 

精子の数は妊娠に関係有るのでしょうか?射精された精子の数は、数千万〜数億個と言われます。しかし卵子が待つ卵管膨大部にたどり着けるのは、わずかに数十〜数百の精子しかいません。その中でも元気のいい正常な精子だけが卵管までたどり着けます。1匹の精子の大きさは0.06mm程度です。元気のいい精子は卵管(約10cm)や子宮腔内(約7cm)を秒速0.1mmで進むと言われていますので、射精後およそ30分程度で卵...

 
 

増え続ける不妊症の多くは、"卵子の老化"が原因?年齢を重ねるごとに多くなる不妊症。不妊に悩む割合は、20代で6%・30〜34歳で16%・35〜40歳で30%・40歳を超えると50%以上となり、年齢が高くなるに連れて不妊症となる確率が大きくなっています。年齢を重ねると男女共に体の機能が正常では無くなり、妊娠しにくくなると思われがちでした。しかし近年では、二十歳を過ぎると卵子が加齢とともに老化すること...

 
 

LHサージとは、LH(黄体形成ホルモン)が一時的に多く分泌される(サージ)現象。排卵をする前にその濃度が最も多くなるとされています。LHサージが始まると、尿中にLHが増えLH濃度が濃くなっていきます。この濃度が20mIU/mlを超えた時がLHサージの始まりとされています。LHサージを調べるには?LHサージは、排卵前の約2日前後から始まります。このLHが分泌される時をいち早く調べるために、排卵検査薬...